国際短編映画祭とコラボ!「地元ショートフィルム・ファンディングプログラム」を開始!

Pocket
LINEで送る

地域×クラウドファンディング「FAAVO」と、米国アカデミー賞公認の「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」を主催するショートショート実行委員会とがコラボ。地元をPRするショートフィルムの制作費用をFAAVOで集める「地元ショートフィルム・ファンディングプログラム」を開始しました。

旅もじゃ×FAAVO「地元ショートフィルム・ファンディングプログラム」
https://faavo.jp/cpn/tabimoja

【概要】
 世界各国から数々のショートフィルムが集まる、米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」。その実行委員会が選定する「観光映像大賞」にノミネートする地元のプロモーションビデオ(ショートフィルム)を、地域×クラウドファンディングのFAAVOが応募窓口となり公募。その映像の制作資金をFAAVOにてファンディングいたします。

 ファンディングの対象となるのはFAAVOが展開する13府県(宮崎、新潟、埼玉、熊本、石川、鹿児島、長野、山口、京都、岡山、島根、沖縄、福岡)の魅力を伝える目的で制作されるプロモーションビデオで、FAAVO13府県のサイトで同時にファンディングを開始します。募集するクリエイターに定員はなく、1つの府県で複数のクリエイターが同時のファンディングすることも可能です。

 また、制作された映像は本日ティザーサイト(予告サイト)が公開された「旅もじゃ(旅・モーション・ジャポン)」にも掲載されます。「旅もじゃ」は3月下旬にグランドオープンを予定しており、本サイトでは多岐に渡った魅力的な地域プロモーションビデオを定期的に紹介しいきます。また、優秀な作品は「観光映像大賞」(SSFF & ASIA)の優秀賞に選ばれる可能性もあります。

詳しくはこちらのプレスリリース、またはをご確認ください

talk

talk banner from Saito

staff

media